CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

ごゆるり

なんぞかんぞ毎日思っているはずでして・・・シャンソン歌手・市原民子のつれづれ
<< 嬉しいお花 | main | 歌いまくり♪ >>
自分の声で

14933442574631.jpg

ボイストレーニングの師匠のところの発表会でした。ミュージカルの勉強を始めた時に、低い地声と高いファルセットしか持っておらず、中間音域がまったく出せなかった私・・・試行錯誤現在進行形の20年を見守って下さる師匠に感謝です。

ミックスボイスを自分のものにする歳月を経て今は、シャンソンにどれだけ直接結びつくか分かりませんが楽器としての基礎を常に持ち、これからの年齢をきちんと歌っていくためにクラシックに取り組むことを課しています。なので発表会で歌うのもオペラアリア〜♪今回は「蝶々夫人」の中の「ある晴れた日に」を歌いました。豊中の芸術文化センター小ホールは、よく響いて気持ちいい。あとで録音を聴いて色々ありましたが・・・なんとかなんとか。

でも、いくら声メインで歌っていると言っても、分からんイタリア語でも、言葉がついていればそこに付随する感情があるわけです。たいしたこと言ってないのに音楽だけすごく盛り上がってることへのジレンマ(笑)感情ゆえにフッと声を抜いたら飛んでくる注意へのジレンマ(笑)決して素直な生徒ではないので・・・師匠、すみません。でも練れば練るだけ、初めに感じた違和感もこなれてくるもの。飲みこんで咀嚼して、自分のスタイルを産み出すこと・・・歌に限らず、そうやって生きていきたいな。

| - | 11:27 | - | - | |
スポンサーサイト
| - | 11:27 | - | - | |